最近のコメント

    アメリカが舞台のおすすめロードムービーTOP15

    映画

    アメリカの広大な大地を旅したいと思ったことはありませんか?日本では体験できない大自然を見てみたいという人は多いでしょう。

    今回は、アメリカが舞台のロードムービーをランキング形式で15本紹介していきたいと思います!

    アメリカが舞台のおすすめロードムービーTOP15

    第15位:テルマ&ルイーズ(1991年)

    アーカンソー州に住むルイーズとテルマの二人の女性が、退屈な日々から逃げるようにドライブの旅に出る。旅先で、テルマが強姦に合いそうになったところを、ルイーズが誤って相手を射殺してしまい、ドライブの旅が一転逃避行になるという内容のロードムービーです。

    (出典:https://www.amazon.co.jp/テルマ-ルイーズ-オリジナル・サウンドトラック-サントラ/dp/B00FFDHN4S)

    ポップな音楽や食文化、ファッション等からアメリカンカルチャーが感じられるロードムービーです。二人がとてもかっこよく、最後の最後まで目が離せない旅映画です!

    U-NEXT(ユーネクスト)31日間無料トライアルで「テルマ&ルイーズ」を観れます。

    第14位:わたしに会うまでの1600キロ(2014年)

    シェリル・ストレイドは離婚や母親の死、荒んだ生活による心の傷を癒すために、パシフィック・クレスト・トレイルというアメリカ西海岸を縦断する道を旅するというロードムービーです。

    西海岸の大自然が綺麗に描かれています。一人旅に憧れている人や、アメリカ西海岸が好きな人は観る価値ありの旅映画です!

    U-NEXT(ユーネクスト)31日間無料トライアルで「わたしに会うまでの1600キロ」をレンタルできます。 *レンタル料は2日間で324円します。

    第13位:ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(2013年)

    父が100万ドルの賞金が当たったという嘘の通知文を信じ、子供と一緒にモンタナ州からネブラスカ州を目指すというコメディドラマのロードムービーです。

    本作は白黒で撮影されており、雰囲気があります。父子の絆が描かれていますが、コメディ風ですので、気軽に旅映画を観たい人におすすめの映画です!

    amazonプライムビデオで「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」を観れます。

    第12位:オン・ザ・ロード(2012年)

    作家のサルが、破天荒に人生を楽しむディーンに会い彼の影響を受けて皆んなでアメリカ大陸を横断する旅でるというロードムービーです。監督は「モーターサイクル・ダイアリーズ」と同じウォルター・サレスです。

    彼らの欲望に忠実に、自由を追い求めて生きる姿は、社会に縛られて生きている我々にとっては憧れを抱くものです(笑)

    旅の過程で、違った情景、雰囲気を味わえる作品です。アメリカ横断をいつかしてみたいなと考えている人、何にも縛られない青春がしてみたいと思ったことがある人は是非観てみてください!

    U-NEXT(ユーネクスト)31日間無料トライアルで「オン・ザ・ロード」を観れます。

    第11位:はじまりへの旅(2016年)

    アメリカの資本主義と都会での生き方に幻滅したベンは、妻と子供6人と共に、ワシントン州の森の奥深くに住み、子供達にサバイバル術を教える。しかし、妻が死んだことで葬式のため大都会に家族で初めて出ることなり、家族で車で旅をするという内容です。

    おかしな設定で笑えるロードムービーです。しかし、アメリカの大自然が綺麗に描かれています。

    大自然でサバイバル生活をすることに憧れている人にはみて欲しいロードムービーです!

    amazonプライムビデオで「はじまりへの旅」を観れます。

    第10位:サイドウェイ(2004年)

    バツイチ小説家志望の教師のマイルスと結婚を控えた親友ジャックが、二人でカリフォルニア州サンタバーバーラ郡のワイナリー巡りをしにいくというロードムービーです。

    カリフォルニアのぶどう園やワイナリーが非常に美しく描かれています。ゴルフ、ワイン、ナンパ?等遊び心があり、余裕を感させる「大人の遊び」を味わえる内容です。後、この映画観るとめちゃくちゃワインが飲みたくなります(笑)

    カリフォリニアのナパバレーのようなぶどう園やワイナリーがたくさんある地を訪れたくもなりますね。

    U-NEXT(ユーネクスト)31日間無料トライアルで「サイドウェイ」を観れます。

    第9位:ストレイト・ストーリー(1999年)

    アイオワ州に住む老人が、仲違いした兄が心臓発作で倒れたという知らせを受け取った。その知らせを受けて、周囲の反対を押し切り、時速8キロのトラクターに乗ってウィスコンシン州の兄に会いにいくというロードムービーです。

    ストレイトストーリー

    (出典:https://bakakamo.exblog.jp/9559674/)

    旅の道中で様々な困難に会うのですが、旅先で出会った人たちに助けられながら旅を進めていきます。

    旅先での心温まる出会いをしたいと感じている人はおすすめのロードムービーです!

    第8位:グリーンブック(2018年)

    ジャマイカ系の黒人ピアニストのドン・シャーリーと、イタリア系移民でガサツな用心棒が、差別の激しいアメリカ南部を回る危険なツアーに出るという実話を元にしたロードムービーです。

    旅を続ける中で、二人の間で育まれる友情に感動しますし、二人の会話が妙に面白いです!

    また、60年代のアメリカの人種差別について深く考えさせられる話です。アメリカ南部の人種差別の実態を忠実に表している映画です。

    JAZZ音楽が好きな人、昔のアメリカの人種差別について興味がある人はおすすめのロードムービーです!

    第7位:マイネーム・イズ・ハーン(2010年)

    イスラム教徒であり、アスペルガー症候群のハーンは、様々な差別や偏見を受け「ある決意」を胸にアメリカ大陸横断をするという話です。

    色々な感情が込み上がってくる映画です。人間の純粋な心に感動です。9.11、宗教、人種等様々な社会的テーマが表現されていて考えさせられるロードムービーです。

    少しマイナーな映画かもしれないですが、個人的に、「きっと、うまくいく」と並んでインド映画で好きな作品です!

    第6位:シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年)

    ロサンゼルスの一流レストランで一流料理長を務めていたカールが、批評家に料理を酷評され激怒した一部始終を客に撮影され、SNSで拡散・炎上し、店を解雇されてしまう。マイアミで息子達と共にフードトラックを始めてロサンゼルスを目指す中で本当に大切なものに気づくという話です。アイアンマンシリーズの監督ジョン・ファヴローが自身で制作・脚本・主演・監督をしている作品です。

    マイアミ、ニューオリンズ、オースティン、ロサンゼルス等の都市を回っていくのですが、一つ一つの都市の食、音楽、娯楽等の文化がしっかりと感じられます!

    アメリカっぽさを感じたい旅映画を観たい人、アメリカの文化を体感したい人にはおすすめのロードムービです!

    amazonプライムビデオで「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」を観れます。

    第5位:イントゥ・ザ・ワイルド(2007年)

    裕福な家庭で生まれ育ち、優秀な成績で大学を卒業した主人公が、金で物を与える親に嫌気がさして、世界の真理や自由を求めてアラスカまで旅をするという実話を元にしたロードムービーです。俳優のショーン・ペンが監督しています。

    (出典:https://eiga.com/movie/53235/photo/)

    アメリカの壮大な大自然が見事に描かれています!美しいのに絶望感すらある、アラスカの雪の降り積もった山々の風景は圧巻です!

    主人公は過酷な旅で「孤独」を経験するのですが、「自由を求めて世界を旅したい」「全てを投げ出して逃げ出したい」と思ったことがある人にとっては今一度幸せとは何か考えさせられるロードムービーです。

    第4位:リトル・ミス・サンシャイン(2006年)

    太っちょの女の子オリーブが憧れの子供版ミスコン「リトル・ミス・サンシャイン」への出場が決まり、車一つで家族全員ロサンゼルスを目指すというロードムービーです。

    薬物中毒だったり、厨二病だったりと皆んな揃ってヘンテコでまとまりがないのに、車一つで旅をするというのが面白いです。

    一つ一つの場面を抜き取ったらくだらない映画なのですが、全体としてとても深く考えさせられる内容という非常に奇妙な映画です。

    家族とのドライブ旅に出たい、ヘンテコで面白い旅映画を観たいと思っている人におすすめのロードムービーです!

    U-NEXT(ユーネクスト)31日間無料トライアルで「リトル・ミス・サンシャイン」を観れます。

    第3位:フォレスト・ガンプ(1994年)

    トム・ハンクス演じるフォレスト・ガンプは、知能指数が普通の人より低く周りから馬鹿にされるのですが、彼のまっすぐな心で数々の偉業や成功を成し遂げていくという話です。

    正直この映画は、フォレストがベトナム戦争で英雄になったり、卓球選手になったり、エビ漁会社の経営者になったり現実離れした話です。しかし、これはフォレスト自身を昔のアメリカを象徴する人物として投影されたもので、アメリカの文化をたっぷり堪能できるロードムービーです!

    フォレストが昔からいじめにあっているいる中、唯一仲良くしてくれたジェニーという女の子との関係も切なくて泣けてきます。この女の子もアメリカで昔あったヒッピーの文化を象徴する人物ですね。

    モニュメントバレー、ジョージア州最古の街「サバンナ」、ワシントンD.C.、カリフォルニアにある南カリフォルニア大学やサンタモニカ埠頭等アメリカのありとあらゆる場所が舞台となっています。

    フォレストの行動力を真似して思わず旅に出たくなるロードムービーです。

    U-NEXT(ユーネクスト)31日間無料トライアルで「フォレスト・ガンプ」を観れます。

    第2位:パーフェクト・ワールド(1993年)

    刑務所から脱獄したブッチが、民家に押し入り8歳の少年フィリップを人質にとり、奇妙な関係の二人が逃避行を繰り広げるという内容です。

    テキサスからアラスカを目指してアメリカの田舎道を車で駆け抜けていくのですが、これを観るとドライブの旅に出たくなります。映画のワンシーンで出てくる真昼間の田舎にある草原の風景も良かったです。

    人質なのに脱獄犯であるブッチを慕うフィリップと、不器用にフィリップに接するブッチの姿はめちゃくちゃ切ないです。

    涙なしでは観られない、二人の奇妙な関係性に注目のロードムービーです。

    U-NEXT(ユーネクスト)31日間無料トライアルで「パーフェクト・ワールド」を観れます。

    第1位:スタンド・バイ・ミー(1986年)

    アメリカのオレゴン州に住む少年4人が、好奇心から夏休みに、線路づたいに死体探しの旅に出るという冒険映画です。言わずと知れた名作ロードムービーですよね!

    少年たちそれぞれが悩みを抱えていて、旅をしながらもそれぞれ自分自身と向き合っていく姿が感動的です。名曲「スタンド・バイ・ミー」をバックに線路を歩いていく姿は青春って感じですね!

    アメリカのオレゴン州ブラウンズビルという小さな街が舞台に1950年代がイメージされて制作されており、皆さんが想像するような「昔ながらのアメリカの田舎の街」って感じの雰囲気が味わえます。

    子供の時に、子供だけで小旅行みたいなことをしたことはありませんか?そんな子供時代を思い出させるロードムービーです。

    U-NEXT(ユーネクスト)31日間無料トライアルで「スタンド・バイ・ミー」を観れます。

    まとめ

    今回は、アメリカが舞台のロードムービーを15本紹介しました。

    アメリカといってもカリフォルニア、オレゴン、アラスカ、フロリダ等様々な場所が舞台にされていますね。

    気になった作品があれば是非観てみてください。

    またアメリカに限定していない旅に出たくなるおすすめ映画もまとめています。気になった方はこちらの記事も併せて観てみてください!

    *本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は amazonプライムビデオ、U-NEXTサイトにてご確認ください。

     

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました